一戸建てを購入する時には建設現場を見学する事も重要で天候の悪い日は特に仕事ぶりが解る物です。

満足度の高い家、戸建てを考える
満足度の高い家、戸建てを考える

建築現場の見学

戸建てのチェックポイントは5つあると聞きました。
第一番には震災後特に注目されている建物の構造と地盤で建築現場の確認を兼ねた見学は絶対にすべきだと言われています。
何故なら建築中の現場であれば地盤の改良の内容も実際に自分の目で確認できる事です。
詳しい事は良く解らないと言う人が多いのは当然ですが自分が買う家の土地の地盤がどんな状態なのか、住居を建てるのに適しているのか適していないのか、適していない場合にはどのようの対策しようとしているのか自分が納得行くように説明してもらい実際に確認するのが一番重要です。
出来れば地盤は自分でも調べて欲しいと思います。
建築現場を見学しようと計画していても雨の日や風の強い日は「こんな天気だからやめにしよう」と思いがちですが雨の日や風の強い日ほど現場の仕事ぶりが解るようです。
例えば雨の日に建築現場を訪れるとブルーシートで建材を覆い濡れないようにしていたりして作業の丁寧さが伺えます。
更に雨や風にもへこたれる事無く黙々と作業を続ける姿は感動すら覚える物で自分達の家の為に頑張って働いている人の姿には尊敬の念さえ感じます。
その時には理解できなくても良いので何をしているのか聞き建築確認書や地盤調査書を見せて貰うのもポイントの一つですが一番にチェックしてほしいのは情報を公開する姿勢や現場が如何に整理整頓されているのか、職人の仕事ぶりを見る事です。
業者任せにしがちな部分を自分で実際に確認すると言う事はとても大切です。
一戸建てを購入した人の満足度を調査するとポイントが高いのはキッチン・リビング・バスルームが挙げられる様で反対に低いのは遮音性や断熱性、収納のあると聞きます。
一戸建ての建築現場を見学する時にはポイントの低い部分を念頭に置いて見学する事です。
満足度の高い部分はどの不動産会社でも力を入れている物でそれ以外の部分にはどうしても見落としがちになり実際に住み始めて初めて気が付く事も多いので事前に調べておくことが必要だと思われます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017満足度の高い家、戸建てを考える.All rights reserved.