一戸建ての建て替えとリフォームのメリットとデメリットについて考えてみました。

満足度の高い家、戸建てを考える
満足度の高い家、戸建てを考える

建て替えとリフォーム

念願の一戸建てのマイホームを手に入れ住宅ローンを完済する頃には家も随分と老朽化しあちこち修理が必要になる物です。
子供も成人して実家を離れ家族構成も随分変わって来て年老いた両親が老後の為や子供が結婚して同居するなど家族構成や状況に応じ家をリフォームしようか、それとも思い切って建て替えようかと悩む人は多いはずです。
某テレビ番組では悲惨な状況の家を見事によみがえらせリフォームしてかなりの視聴率をあげているようです。
実は私も毎週楽しみに見ているのですが「これなら建て替えた方がいいのではないか?」と思う事の方が多いのです。
一体、建て替えとリフォームはどちらが得なのでしょうか。
建て替えは愛着のある家を怖さなければなりません。
やはり長年住み慣れた家を壊すのは悲しい物です。
苦労して手に入れればその分だけ悲しみは大きいと言えます。
そして建て替えの場合はまだ使用出来る物まで解体されるので無駄が多く勿体ないとお感じ事もある物です。
更に仮住まい準備も必要で工事費以外の必要経費が随分とかかります。
工事の期間が長ければ長いほど必要経費もかかってしまいますが「新築」と言う意味でやはり気持ちが良くすっきりとして嬉しく感じるはずです。
リフォームは工事期間が短く仮住まいする必要が無く住んでいても大丈夫なのが魅力です。
工事費以外の必要経費が建て替えよりも安くで済み使える物は使う事が出来るから無駄がない事でもあります。
更に全面リフォームなら工期や費用も建て替えに比べ1/3と聞くので費用面では随分お得です。
最近ではテレビで見る様にまるで新築のような仕上がりも期待でき大満足となります。
ですが基礎や土台は老朽化している為に何年か後には改修が必要になってくる場合もあるようです。
どちらもそれぞれにメリットとデメリットがあって迷ってしまうのですが費用面を考えれば圧倒的にリフォームの方が良い様な気がしますが、いっその事建て替えた方が気分的にもすっきりして甲乙つけがたい物です。
自分のライフプランに合わせるのが良いのではないでしょうか。

Copyright (C)2017満足度の高い家、戸建てを考える.All rights reserved.