一戸建てを建てる時に重要なのは家を支える地盤を調べる事で必要に応じ補強工事をして安心出来る家が完成するのです。

満足度の高い家、戸建てを考える
満足度の高い家、戸建てを考える

地盤調査の意味

一戸建ての家を建築する際には事前に地盤調査と言う物が行われます。
以前に両親と同居する為に実家を立て直した時にも地盤調査が行われました。
その結果は昔は竹藪だったと言われた様に記憶していて住居を建てるのは不向きだと言われたように思いますが詳しくは覚えていません。
結果としては何らかの対策をして費用も発生したと思うのですが25年以上も前の事で記憶は曖昧です。
家を支えているのは柱や壁だと思っている人が多いと思いますが柱や壁は構造で一番重要なのは地盤だと言われています。
地盤の中は目では見えなく場所によって違ってくるため調べておくべきです。
地盤が軟弱か良好かによって設計方法をかえねばならない場合もあるようです。
ちなみに良好な地盤と言うのは古くて固い地盤の事を言い軟弱な地盤は古くて固い地盤の上に新しくて柔らかい地盤があって更にその上に人工的に作られた地盤があると言う三重構造のようになっているそうです。
軟弱な地盤は池や川に近い低い土地や田んぼや畑を埋めた人工的な地盤に多いと聞いています。
地盤調査の方法に地盤の強度を測る現地調査があります。
一戸建てで一般的の利用されている方法はスウェーデン式サウンディング試験といって先端にスクリューの付いたロッドと呼ばれている細長い棒を地面に突き刺して表面から10m位の深さまでの土地の固さや締り具合を測定するそうです。
次に地図をみて地形や地盤の高さを確認して地盤の状態を推測する資料調査も行われます。
昔の地図と現代の地図を見比べ低くなっている部分や高くなっている部分で推測すると聞いています。
更に周辺の建物や道路の様子を観察する周辺調査も行われます。
周辺の建物の傾きや壁や塀の亀裂などを確認し過去に地盤沈下していないかの確認を行うようです。
地盤が弱いとどうなるのかが一番心配で地盤が弱いと家の重みで沈下してしまいます。
それを防ぐために地盤の補強工事を行い安心して住む事の出来る家が完成するのです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017満足度の高い家、戸建てを考える.All rights reserved.